fc2ブログ

パン工房Polon Entry 766

卒業とリレー

こどもが成長するにつれて、少しずつ変わってゆく遊び方。
ほんの少し前まで、宝物だったおもちゃも、さっぱりと卒業するときが
来ました。

我が家の試食係1号と2号は話し合って、思い出として取っておくものと
処分するものに分けて片づけを始めました。
お風呂で丁寧に洗って乾かし、用途別に分けてこんな看板を付けて。
09021901.jpg
子が使ったものは愛着があって、親もなかなか捨てられません。
でも、喜んでもらってくださる方がいらして、それぞれのところへ旅立っていきました。

これから始める子には基本パーツを。
今、真っ只中にいる子にはこだわりパーツを。
いろんなお家で活躍を始めたことに、試食係たちもとても嬉しそうでした。
09021902.jpg
送っていただいたこの写真は、我が家にとっても宝物です。

子供服、育児グッズ、絵本、おもちゃ、、、一時期はなくてはならないもの
ばかりですが、一時を過ぎると全く必要なくなるもの。
上手に次世代にリレーできたらいいですね。
リサイクルだけではなく、思いも伝わって伝承ということも一緒にできたら。
昔から今までずっと当たり前にしてきたこと、ちゃんと今の時代に合わせて
つないでいきたいな~なんて思います。

もらってくださった方々、ありがとうございます。
どうぞ思いっきり遊んでくださいね。



 

2009/02/20 心に響いたこと C4 T0  

Comment

Polon 命名料お支払いしなくては(笑)。  URL   2009/02/24

ポロン号なんて光栄です。

球場やコンサートホールのように、名前を使わせていただく対価をお支払いしなくては(笑)。

楽しそうに遊んでいる姿が浮びます。
発展させて大きな街を作ってくださいね。

juri ポロン号!!  URL   2009/02/24

プラレールありがとうございました。
息子たちはいただいた電車をポロン号と名づけました。
次男はなぜか1両目がお気に入りです。

息子さんたちの思い出が詰まったプラレールは
これから我が家で大活躍します。

我が家にもいずれ同じような時期が訪れるんでしょうね。
その時は息子さんたちのように素敵な卒業ができるといいなと思います。

Polon ツール  URL   2009/02/23

頭で考えて親が与えたいおもちゃ(自然素材のものとか)と、生き残ってロングセラーのおもちゃって微妙に違いますよね。

プラレールはホントにすごい。
親の世代もみんな経験してるかも。

たいさんの息子さんとご主人がわいわいと楽しんでいる姿、
想像がつきます。楽しそう~。
使ってくださってありがとう♪

たい No title  URL   2009/02/22

息子さん達からのプラレールのバトンを受け取った
我が息子は、とても喜んでいました。
ありがとうございます。
他者や小さい人への思いやりは
こうやって育っていくんだろうなぁ・・・。
とてもステキな息子さん達ですね。

そして週末。
元プラレール少年だった夫までもが参戦して
今、部屋は線路で埋め尽くされております。


 
HN   title  

URL  pass
 

フリーエリア


 

ブログ内検索