07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

秋はいくら?

スーパーに行って、生イクラを見かけるようになりましたね。生筋子、ハラス、いくら、、、いろんな呼び方があるようですが、ポロンにとって“いくら”は特別な存在なのです。

母方の祖母は新潟県村上市に生家がありました。村上市といえば、雅子さまの出身地として一躍有名になりましたが、もう一つ、三面川(みおもてがわ)に上ってくる鮭の産地として有名です。ですから、母にとっても祖母にとっても、いくらは特別な存在。母に聞くと昔の村上の家では、土間に瓶が置いてあり、いくらがふちまで入っていたそうです。自分でお茶碗を持っていって、ひしゃくですくってたっぷりご飯にかけて食べたとか。ふー、なんともうらやましい限りです。

秋になると産卵のために鮭が生まれ育った川に帰ってきます。時を同じくして都心に住んでいた祖母も故郷に帰りたくなったようです。生前、私がまだ学生だった頃に一度だけ同行したことがあります。お寺に寄り、古民家に住む友人に会い、日当たりのよい縁側でお茶をして、朝市に寄ってとち餅などの地元の味を買い、市場に行って鮭を見る。素敵な旅行でした。
その時は、どうしてもいくらが食べたくなって、一流旅館に生イクラを持ち込んで、ミニキッチンでさばいてくれたっけ。(笑)あとでお掃除大変だったかな。

鮭についても“鼻曲がり”といって、独特の方法で塩漬け、乾燥させたものがあるのですが、それは別の機会にお話しますね。

“白いご飯にいくら!”と思い込んでいたのですが、昨年暮れにあるパーティで知人が“チポロラタシケップ(?)”なるアイヌ料理を紹介してくれました。ゴルゴンゾーラチーズを効かせたクリーミーなマッシュポテトにいくらの魚醤漬けをたっぷり乗せ、パセリをちらしたお料理です。薄切りのバケットと一緒に頂きました。全粒粉の入ったバケットを軽くトーストして一緒に頂いたものも美味しかったですよ。やってみてくださいね。目からうろこでした。

秋はいくら?ですね。なんだか食べたくなってきたなー。

母は今でも特別ルートで極上のいくらや鮭を取り寄せているようですが、検索したらこんなページもありました。ご参考まで。
鮭(リンク)
はらこ(リンク)
村上市のホームページ(リンク)←鮭レシピがあるのがさすが。
harako.jpg

[2005/09/21]16:49 美味なる物 | コメント(7) | トラックバック(0)
コメント
こんにちは
さんだんすさん、ようこそ。パンの香りは本当によいものですよね。ごはんの炊ける匂いと匹敵!!
秋はパンもご飯も美味しい季節。魚屋さんを通るたびに生イクラが気になるポロンです。

食べる話ばかりしていないで、写真も取らなくちゃね!(笑)
こんばんは。先日はコメントを頂いてありがとうございました。
RESが遅くなっちゃいまして。ごめんなさい。
パン大好きです。毎日利用している地下鉄の駅の出口にパン屋さんがあって、駅の階段にイイ匂いがするんですよ。
っと、思ったらイクラも♪ でかいスプーン←カレーライス用がいいか? で、食べてみたいです。一生に一度は(笑)
チロンロさま こんばんは。
うーむ、そんな神聖なる食物だったのですね。
私はすっかり、、ワインだったらどれを合わせようかな~、、、などど考えていました。(笑)
チポロラタシケップって、、きっと涅槃な国での食べ物、、、
良い行いをしたら、、、お釈迦様、お願いいたします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
まあ、かっかと新潟つながりでご縁があるとは。
日本海側は、海に沈む夕陽がきれいなのよね。太平洋側では見られないものね。多感な学生時代に感動した覚えがあるなあ、、、。小学生だったらどうかしら?

チュポロ、、、リクエストしてみますね。
いくらを・・・
ひしゃくですくって・・・ですって。ああーびっくりした。新潟県には、小学校のころ3年間住んでいました。新潟県中蒲原郡村松町仲町。たしかそこのお雑煮にもいくらが入っていたような。
その、チュポポポポ・・・・アイヌ料理、絶対食べてみたい。ゴルゴンゾーラといくらね。ふふふ

管理者のみに表示

プロフィール

polon

  • Author:polon
  • パンがきっかけでたくさんのつながりができていきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

ブログ内検索

RSSリンクの表示


FC2Ad