05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

チャプチュエ

07062801.jpg
うふふ、おねだりして作ってもらってしまったお昼ごはん。

野菜たっぷりの生春巻きにチャプチュエ
チャプチュエは韓国風春雨を使って。
07062803.jpg
他の方に作ってもらうお昼ご飯と楽しいおしゃべり、極上の幸せでございます。

次はポロンもがんばりまぁす。
ごちそうさまでした。
[2007/06/29]16:06 美味なる物 | コメント(2) | トラックバック(0)

夏野菜

07062602.jpg
昨日届いた野菜。
夏色だね。
[2007/06/27]05:36 美味なる物 | コメント(0) | トラックバック(0)

2007年梅仕事

07062402.jpg
今年もやってきた梅仕事の時期。
わざわざ“梅仕事”っていう言葉を料理家が作られたほど、確かに一仕事です。
お世話になっているこぶた畑の梅をもぎに行って、青い梅はジュース類に、熟した梅は各種梅漬けに。家中、梅の熟したよい香り、プラムみたい。

そんな手はずを整えていると、知り合いのおばあちゃまに呼び止められて“梅談義”。
“梅干はね~、今年はやりたくないな、、、って思っても、3年後にしわ寄せが来るのよ。毎年やるものなのよ。”
はい、その通りですね。
Polon家の梅干は現在食卓に2004年ものがのぼっております。
梅酒は2000年もの。
そんな話をしたら、20年ものの梅酒はもっと美味しいよ~と言っていた友人も。あと約15年持つかしら、、、(笑)。

画像の壷は義母からもらったもの。
壷は55歳だ。
屋号が底に書かれている。
ずっと糠床として活躍してきたが、数年前に我が家にやってきた。
この時期大活躍する。
07062403.jpg
小梅干、赤紫蘇を入れて赤梅干、白のままの白梅干、梅酢がそのまま寿司酢としてつかえるさしす干し、、、と今年はジュースも併せて6種類!
塩分濃度も少しずつ変えたりして。

味噌と同じく、時を経ないと結果がわからないのものんびりでいいね。
皆さんは梅仕事、どんな風にされますか?
[2007/06/26]09:25 季節のうつろい | コメント(4) | トラックバック(1)

まかないランチ

07062002.jpg
とある日。
久しぶりのオフになる。
田んぼへ行こう!
現在田んぼは補植ということをしている。
田植えをした後、活着しなかった苗を新しい苗に植えなおしてあげる仕事。
暑い日でも田んぼをいくつも吹き抜けてくる風は涼しい。

家に帰ってランチ。
わー、ひとりごはん、久しぶり。うれし~。
え?普段は寂しがりやなのかって?そうかもね。

サロンで使った数々の食材の半製品があるので、それでささっと作る。
今日はJunkanズッキーニのオーブン焼き。ベジタブルで使った雑穀ソース、新たまねぎ、黒米だけ。

ここのところ、サロンで人気の雑穀甘酒飲んじゃお。
甘酒って夏に冷やして飲むと美味しいのだけれど、知らない人が結構多い。栄養価も高いし、夏ばてを防ぐらしいですよ。自然の甘味が嬉しいしね♪

やらなきゃいけないことはたくさんあるけれど、
ちょっとブレイクのお昼ごはん。
全粒粉入りのシンプルなハードパンがぴったりでした。
07062003.jpg

[2007/06/25]09:14 サロンのまわり | コメント(0) | トラックバック(0)

ベジタブルコース《ピザ》

20070622052922.jpg
“ベジタブルコースってどんなのですか?”
よくご質問にあがります。以前このブログにも書きましたが、Polon流基準(笑)で動物性食品(パンで言えば卵、バター、牛乳等)を使わずに焼くパンのコースです。詳しくは過去ブログをどうぞ。

今回はピザでした。ちょっぴりその画像を御紹介しますね。トップはPolonの庭で現在毎日収穫中のラズベリーでスイートピザ。
20070622052906.jpg
まだ全部は焼きあがってないけど、並ぶととても華やかです。

残りは続きで↓
>>続きを読む・・・
[2007/06/20]05:34 パン | コメント(4) | トラックバック(1)

酵母ごはん

お奨め酵母の本の話題が出たついでに、“酵母ごはん”の本も。
これは主に酵母の起こし方についてかなり詳しく書いてあります。
発酵の過程を分かりやすく少し化学的に説明してあって、Polonの数々の実験歴を裏付けてくれる理論が
“なるほど~、やっぱりね。”
って思われた一冊。

ポロンの冷蔵庫は既に魔法の冷蔵庫です。
果物の甘煮は、あっという間にサイダーのようになってる。
現在いただきものの、金柑の甘煮が発酵中!(笑)。
夏みかんのシロップはいつの間にかリキュールに。
使い切れなかった酵母エキスは、放っておいたらフルーツ酢に。
うふふ、楽しいでしょ?
冷蔵庫の中はパラダイスなのだ!(爆)

あ、実際には読みやすいレシピ本です。
どんな酵母がどんなお料理に合うか、、、って書いてあります。
お肉を柔らかくするのに使ったり、スープの隠し味にしたり。
活用してみてくださいませ。

以上、最近話題になった本でした。そうそ、この方また新刊がでていますね。まだチェックしていないけど。
酵母ごはん―暮らしにしみ入るおいしさ 酵母ごはん―暮らしにしみ入るおいしさ
ウエダ家 (2006/03)
学陽書房
この商品の詳細を見る
[2007/06/19]05:47 パン | コメント(4) | トラックバック(0)

ルバーブ酵母

07061605.jpg
昨年から我が家の庭に植えてあるルバーブ。やっと株が大きくなってきて、今日初収穫。
ジャムやタルトにしてしまうと、株を大きく出来そうにないので、今年は酵母で我慢。えらい?

最近の自家製酵母作りの本は本当にすごい。
ここ数年でいったい何冊でたのだろう?
ものすごいブームですよね。
手取り足取り、、、これなら誰でもできるかも、、、って。

でも、この酵母を持続させて美味しくさせて味わい深い酵母にするのは本当に大変なんですよ。
微妙な差が大きな違いも出てきます。
まだまだわからないことだらけ。
だからこそ面白いのかも。

なんて採りたてを瓶にいれながら思うのでした。
小麦畑の小麦酵母も始めなくちゃね。

↓最近、何度も考えてやっぱり買った本。
私がいままで通ってきた道がちゃんと整理してあって懐かしかったです。今?もっと簡略化、、、かな?いい加減とも言います(笑)。
「自家製酵母」のパン教室―こんなに簡単だったんだ!マイペースで楽しく続けられる 「自家製酵母」のパン教室―こんなに簡単だったんだ!マイペースで楽しく続けられる
高橋 雅子 (2006/04)
パルコ
この商品の詳細を見る

[2007/06/16]17:32 パン | コメント(7) | トラックバック(0)

安源楼

07061602.jpg
サンダルつっかけて、普段着で行ける距離にあるレストラン。これは!って思うものがなかなか見つからないものですよね。美味しいお店に囲まれた所に住んでいる友人達がうらやましい。

でも、たまにはお外ご飯も食べたいもの。
気軽に行ってきました。安源楼(リンク)
でも、ネットで検索しても詳しい情報はなかったなあ。まだ出来てあんまり経ってないからかな?
07061604.jpg
本店は横浜らしいですよ。私は苦手何だけど、角煮はおいしかったらしいです。

そして、スーランタン麺、懐かしの。わが友人ゆかっぱの得意料理のひとつで、久々に食べたくなって。
07061603.jpg
酸っぱくて辛くて、、、という麺なんだけど、ポロンの中ではゆかっぱ基準になってしまっていて、ま、これもこれね、、、なんていう感じでした。
ゆかっぱ、また作ってね(笑)。

行きつけのお店、あったらいいな~。
誰か作って!(他力本願)
[2007/06/15]17:25 美味なる物 | コメント(2) | トラックバック(0)

さよなら小麦畑

DSC_1747.jpg
いよいよ梅雨が近づいていますね。残しておいた小麦畑の半分を昨日(12日)Junkan農園のD君がバインダーで刈取り、脱穀も同時にしてくださいました。しっかり小麦色になっていて、綺麗でしたよ。
DSC_1753.jpg
小麦は同じ土地に連作することが性質上できないのです。ですから、この畑は今年でしばらく?終り。
景色がよくて大好きだったな~。
桜の木の下でぼけっとするのも。
たとえココが大根畑やサトイモ畑になっても遊びに来ちゃうかも。(笑)
来シーズンもまた場所を変えて育てたいな。

さて、無事収穫も終わりました。
順調に収穫できたので、今年こそはパンにして口に入りそうで嬉しいです。
粉を挽き、パンにするまでの過程、ご一緒しましょうね。
頭の中で考え中です。

ありがとね、小麦畑&Junkan農園&みなさま。

[2007/06/13]09:19 小麦物語 | コメント(4) | トラックバック(0)

パンの山

07061001.jpg
あちこちから声がかかり、パンの山。
久々に焼いてしまいました~、なはは。

黒米のカンパーニュ、
ドライトマトのフォカッチャ、
チャバッタ、
全粒粉の田舎パン、
夏みかんのミルクパン。

自分で選べるから、ついつい好きなものを~。
ついでにこの直前は慣れないクッキーを百枚弱焼かせていただきました。

え?お酒にあうパンばかり?
ばれたか(笑)。
ビール、ワイン、リキュール、焼酎などを想定して焼かせていただきました。
夏みかんのミルクパンにチョコレート塗って、赤ワイン、、、なんて
素敵でしょ?
自家製酵母のお味はいかがでしたか?
[2007/06/13]09:14 パン | コメント(2) | トラックバック(0)

ヴィロン

20070609064720.jpg
都心へ出かけたついでに友人に頼んでViron(リンク)のパンをゲット。

いつもながら、フランス~という感じのパンです。
友人はライ麦同じ生地で、

シンプルなくるみパン
カレンツ入り
青カビチーズとナチュラルチーズがけ

の3種類を用意しておいてくれたのだけれど。
結局 シンプル イズ ベスト!!
でございました。
目先だけでなく、生地そのものの美味しさは大事だな~と思ったのでした。 

[2007/06/09]06:58 パン屋さん | コメント(2) | トラックバック(0)

ハニー&オーツとレタス

20070609064637.jpg
ここのところ、レタスが美味しいですよね。
農場こぶた畑から、採れたてのレタスが届きました。シンプルなパンに山ほど、これでもか、これでもか、、、っていうほどレタスをはさんで、塩&胡椒、または少しマヨネーズ。
美味しくていくらでも食べられます。

ヨーグルトブリオッシュとハニー&オーツのパンの回に早速お目見え。
ハニー&オーツにとてもマッチして、
シンプルなサンドウィッチの美味しさを皆さんにお伝えしました。
だって、チーズ入りより絶対レタスだけの方が美味しかったと思うのだけれど、、、
いかがでしたか?
[2007/06/08]06:51 パン | コメント(0) | トラックバック(0)

食いしん坊の会2

07060501.jpg
このところ、麦畑づくし。
すっかり農民生活を送ってると思うでしょ?
そんなことないで~す。
しっかり食べるもの食べてます。

平均月に一度は集まる食いしん坊達。
みなさんのお持ちよりメニューも玄人顔負け。

全部を撮りきれなかったのだけど、綺麗だったから。
遠くの方に映っているこれは小松菜ジェノベーゼソースがけの
いわし。
07060505.jpg

どれもこれも美味しかったです。

チャバッタとワインがマッチして、素敵なランチになりました。
あ、これも仕事仕事
20070609064510.jpg

[2007/06/07]06:45 美味なる物 | コメント(2) | トラックバック(0)

麦収穫の続き♪

おはようございます。お知らせです。
なんとか麦刈りの後、晴天が続きましたね。
本日(6日)午後、はざがけ(干した)麦の続きをJunkan農園がやってくださいます。
午後一番ということで、時間は不確定ですが、作業をお手伝いしたい方、見てみたい方はご連絡の上いらしてくださいね~。

ポロンはサロンが終わってから、行こうかな。
では、ご連絡まで。

残っている麦たち。↓
07060404.jpg
こちらは次の麦刈りを待っています。

麦と空→ Polonの空
[2007/06/06]09:09 小麦物語 | コメント(2) | トラックバック(0)

乾燥中~

07060402.jpg
現在乾燥中。

4日朝ふらりと訪れたら、、、
小動物対策でしっかりこんなことをしてくださっていました。Junkan農園さん。
(どうぞ写真はクリックしてくださいませ。)
07060401.jpg
連日の好天で助かります。しっかり乾燥してね!
[2007/06/05]22:52 小麦物語 | コメント(0) | トラックバック(0)

何の巣?

07060224.jpg
小麦畑の真ん中で、麦わらの中から出てきた巣。
大人の握りこぶしくらい。
卵の形をしていて、出入り口が分からず、子供達は大騒ぎ。

元気な男の子達が巣を少し剥いて見ました。
中からこんな赤ちゃん(・_・;)。
何?
なに?
、、、と一段と大騒ぎ。
尻尾が長いので、ねずみかな~?といいつつ、ひとつの巣に3匹いることを確認して、みんなで元に戻してあげました。

ネットでちらりと調べたら、やはりねずみ系?
ねずみかな?(リンク)
種類までは分からないけど、このリンク先の7日目くらいにそっくり。
楽しい発見。
童心に返った一瞬でした。
[2007/06/04]01:14 小麦物語 | コメント(4) | トラックバック(0)

麦の収穫

07060204.jpg
黄金色の麦畑。
ついにこの日がやってきました。
麦刈りの日です。

種を蒔いた子供たちは、ちゃんと実って収穫出来たことを覚えていてくれるでしょうか。
農作業の中で収穫は一番楽しいですね。
もうすぐ美味しい思いができるぞ、、、というわくわく感。

食べ物はある日突然現れるのではなく、
大地と水と太陽と人の手と、、、とたくさんの道を通って
自分の目の前に届くことを体感して欲しいな、、、なんて
思いつつ、楽しい一日を過ごさせていただきました。

大人も子供も併せて約35人の参加者の方々、それからJunkan農園のお二人にひとまずお礼を申し上げます。
ありがとうございます♪

かわゆい作業風景は続きをどうぞ↓

麦畑は半分まだ残っています。
もっと充分実るまでお天気をにらみながらおいておくことにしました。
また突然作業予告しますので、お見逃しなく♪
>>続きを読む・・・
[2007/06/03]00:54 小麦物語 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

プロフィール

polon

  • Author:polon
  • パンがきっかけでたくさんのつながりができていきます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

ブログ内検索

RSSリンクの表示


FC2Ad